2011年12月20日

ぜひチェックして

3月11日に発生した東日本大震災に伴って生じた福島第一原子力発電所の爆発事故によって、その周辺地域と海域における産物に対する「風評被害」が拡大し続けています。確かに、未知なるものであり、その上、これほどまでの大規模な事故はかつて経験したことがないことから、さまざまな情報が交錯しており、不安に思う気持ちも十分理解することができます。
公式な情報で私たちが知ることのできることは、政府関係機関などから発表されている情報しかないのが事実です。その事実に従えば、基準値を超えている福島県の産物だからと言って、その全てのものを拒否するべきなのでしょうか。消費者は、選択をして購入することができます。しかし、農家の方たちや漁業関係者の方たちは、選択するという余地などなく、汗水流して私たちのために心を込めて育て、長い月日をかけて収穫します。その産物が選択されなかったとしら、彼らの収入はなくなり生活することもできなくなってしまいます。
震災と原発事故による風評被害の影響から、想像もできないくらいの苦難がのしかかっている方々を助けることも、今回の東日本大震災の復興支援となるのです。ただ、消費者が選択をしようとしても、流通上の問題から、思うようにいかないことも現状です。「goo」の特集コンテンツ「環境goo」では、全国各地で行われている復興支援としての産直販売の状況や、アンテナショップなどを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

化粧品お試し
posted by buroo at 02:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。