2012年03月20日

70歳までに支給請求することが

老齢給付金は60歳以降になったら、加入者が請求し、受給をスタートします。
これは、70歳までに支給請求することが必須となっています。
また、老齢給付金の受給要件は、原則として60歳から受給可能ですが、加入者が60歳になった時点での通算加入者等期間がポイントとなります。
10年に満たないケースは、受給する年齢が変わってきます。
例えば、8年以上の加入でしたら、61歳から受給可能となり、6年以上加入でしたら62歳から受給可能です。
また、4年以上の加入ですと63歳からが受給可能となり、2年以上の加入ですと64歳からが受給可能です。
そして、1月以上ですと65歳から受給可能となります。

また、個人型年金や、企業型年金において加入者と運用指図者の期間の合算があります。
障害給付金については、60歳になる以前に傷病などによって、一定以上、障害状態となった加入者の場合ですが、傷病になっている一定期間、1年半を経過してから、国民年金基金連合会に請求することにより受給がスタートします。
死亡一時金については、加入者が亡くなった際、遺族は一時金として受給可能です。
年金を受給中に加入者が死亡した場合についても、遺族がその年金残高を国民年金基金連合会から受け取ることが可能です。

カービュー
楽天銀行カードローン キャッシング
FX 約定力
posted by buroo at 13:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。